メタボになったときなりそうなときに・・・

メタボになったときなりそうなときに・・・

メタボリック症候群は普段の生活によってなってしまう生活習慣病の複合した状態のことを表しますがまずメタボにならないようにすること、対策などをしていれば大丈夫だと思います。

まず基本は朝昼夜三食しっかりと取ること、一日30分~60分間歩いたり走ったりもしくは球技をいれたり縄跳びをしたりなどとにかく運動することが大事です。運動をすることで脂肪燃焼ができ食べたものも消化しやすくなり便通なども良くなります。生活習慣病の予防としてはまず健康的な生活をすることが大事です。現代において私生活が良くない、不健康な生活をしている人が多くメタボリック症候群になったりする人も多いです。

もしなってしまった場合はまず基本的な生活に戻すことが大事です。上に記述したように適度な運動三食をとることを心がけて行います。さらに糖分や塩分を取り過ぎず適度に意識した食事にするのも大事です。もちろん飲酒や喫煙も良くないです。そしてメタボや他の病気もそうですがまずストレスをためないようにした方が良いです。ストレスをためてしまうと体調を崩したりすることがあるので不安やまわりからの良くない言葉にも気にかけずにポジティブになることが大事です。

メタボの原因は摂取カロリーと基礎代謝

メタボの原因は摂取カロリーと基礎代謝

メタボと聞くと中年男性を思い浮かべますが、最近は若者も増えてきています。メタボを解消するにはまず原因を知ることが大事です。1番多いのはカロリーの取りすぎです。外食ばかりの生活だったり、インスタントを利用することが多いのが今の世の中です。外食やインスタントは塩分も多いのでむくみの原因ともなります。なるべく和食中心の食事がいいですので作れるものから自分で作って摂取カロリーを減らしましょう。外食やインスタント利用数を減らすと摂取カロリーはだいぶ変わってきます。まずは食生活を見直すことが大事ですよ。
次に基礎代謝を上げることが大切です。
運動不足の方も多いと思います。大人になるとなかなか運動する機会が減ってしまいますよね。でも、趣味でスポーツしている人たちも増えています。探せば、体育館や運動施設で安くできるスポーツもあります。会社などでチームを作ってフットサルや野球、サッカーなどをしているところもあります。まずは簡単なウォーキングやジョギングから始めるのもいいですよね。基礎代謝を上げるのに効果的なのは岩盤浴もあります。岩盤浴は体の芯から温めて汗をかかせてくれます。全然かかない方も通えば体質改善されてあせをかけるようになるので新陳代謝が上がって痩せやすくなりますよ。

メタボ解消への道:運動プログラム

メタボ解消への道:運動プログラム

メタボ解消におけるもっとも大切なことは、いかに毎日運動をするのかということです。人間は食べたら食べたぶんだけ太っていき、動いたら動いたぶんだけやせていきます。たまに運動しては体重が逆に太くなってしまう、という方がいますが、それは理解の不十分です。どういうことかというと、動けば動くほど筋肉が身体についていきます。そして筋肉というのは体脂肪よりも重いので、結果的に体重が重くなるという結果になるのです。ここでは、メタボ解消ということを主題においていますので、体重減少という課題は別で扱ってください。そしてここからがメタボ解消:運動プログラムの説明となります。結論から言うと、運動をさせる肉体の箇所は3つです。足、腹、腕の3つとなります。まずは足からです。スクワットをいきなりすることは不可能ですので(体にむりをしてはいけません)椅子に座ってたつという運動を1日100回くりかえしてみてください。次に腹です。お腹の腹筋は日々歩くときにお尻に力を入れることが重要です。それによって自然と腹筋が鍛えられることになります。最後に腕の鍛え方です。2Lのペットボトルを用意してください。片腕ずつでいいので上下運動を腕で行います。仮に重い場合は水の量を半分にして構いません。それを1日100回くりかえします。これを3か月続けるとメタボ解消の効果はかなり見込めます。

会社からの呼び出しはメタボ解消のチャンス!

会社からの呼び出しはメタボ解消のチャンス!

健康診断で「あなたはメタボですよ」と言われ、どうやって解消したものかお悩み中の方、多いのではないでしょうか。
「メタボ解消」で検索すると、それはそれはたくさんのサイトが出てくるもので・・・。

しかし。
意外なことに、最も効果的で安上がりなはずの方法が、実はネットで検索してもなかなか出てこないのです。
なぜか?

ズバリ、その方法で頑張ろうとする人が、現状ではまだまだ少数派だからです。

もったいぶるのも何ですので、その「最も効果的で最も効果的で安上がりな方法」をお教えいたしますね。
それは・・・

「会社からの呼び出し」です。

「えー?」と思った方。
残念ながらすべての会社がマメに呼び出しをしているとまでは言えないのですが、多くの企業では健康診断でメタボと判定された従業員を呼び出して、メタボを解消するための事後指導を行っているのです(特定保健指導と言います)。

というのも、大手企業のほとんどは健康保険を自前で運営しています(健康保険組合と言います)。
従業員がメタボを放置したせいで生活習慣病などの病気になってしまうと、医療費がその分かかって健康保険の財政を圧迫し、ひいては健康保険料が値上げされることになります。
改善できるものを改善しようとしなかったせいで病気になった従業員のために、普段から健康に気をつけている従業員の保険料が医療費として使われてしまい、その結果保険料が値上げになったら、後者の従業員にとっては割が合わないですよね?
会社としてもそれでは困るので、従業員にメタボを解消してもらうべく、事後指導に力を入れているのです。

具体的には、会社の保健師が面接して、体重の減量や食事・運動・睡眠など生活習慣についてのアドバイスを行っています。
特に、健康診断の結果が思わしくなくて「今はまだ病院に行くほどではないけど、このまま放置すると今後病気になるかもしれない」と判断された人については、実際にどこまで改善できたかを6ヶ月間保健師が観察することとなっています。

「指導」と言っても、保健師が上から目線であれこれ指示する訳ではありません。
むしろ、従業員と同じ高さの目線で、「これなら実行できそう」という無理のない目標を一緒に考え、応援してもらえるというイメージでしょう。
「人にあれこれ言われて生活習慣を改善するなんて、子供じゃあるまいし、そんなの嫌だ」とお思いの方もおられるかもしれませんが、ものは考えようです。
例えば自分でジムに通って、インストラクターから同じような指導を受けようとすれば、かなりの費用がかかりますよね。
この特定保健指導はそれが無料で受けられる訳ですから、利用しない手はないと思いませんか?