メタボになったときなりそうなときに・・・

メタボになったときなりそうなときに・・・

メタボリック症候群は普段の生活によってなってしまう生活習慣病の複合した状態のことを表しますがまずメタボにならないようにすること、対策などをしていれば大丈夫だと思います。

まず基本は朝昼夜三食しっかりと取ること、一日30分~60分間歩いたり走ったりもしくは球技をいれたり縄跳びをしたりなどとにかく運動することが大事です。運動をすることで脂肪燃焼ができ食べたものも消化しやすくなり便通なども良くなります。生活習慣病の予防としてはまず健康的な生活をすることが大事です。現代において私生活が良くない、不健康な生活をしている人が多くメタボリック症候群になったりする人も多いです。

もしなってしまった場合はまず基本的な生活に戻すことが大事です。上に記述したように適度な運動三食をとることを心がけて行います。さらに糖分や塩分を取り過ぎず適度に意識した食事にするのも大事です。もちろん飲酒や喫煙も良くないです。そしてメタボや他の病気もそうですがまずストレスをためないようにした方が良いです。ストレスをためてしまうと体調を崩したりすることがあるので不安やまわりからの良くない言葉にも気にかけずにポジティブになることが大事です。